人気ブログランキング |

カテゴリ:旅行( 79 )

プチ旅行千葉一宮の旅:釣が埼海岸


来る2020年オリンピックでは
千葉一宮の釣が埼海岸がサーフィン会場になるそうですね。

サーフィンにはまったくご縁がないのですが
見に行ってきました。

e0173855_08374925.jpg

海です!
気持ちいいです!

サーファーがいます。
白波が立っていますね。

e0173855_08374952.jpg

時間的に引き潮だったのでしょうか。

足元もきれいです。

e0173855_08374963.jpg

久しぶりの砂浜歩きでした。

夕方にはこんな景色に。


e0173855_08375021.jpg

とても気持ちのいい時間をすごしました。

さぁ、帰ろう、といったときに
適当に止めた車が砂にはまってスタック(汗)

海から上がった気のいいお兄さん方、サーファーさんが助けてくれて
無事、事なきを得ました。
あ~、あせった。
みなさま、ありがとうございました。

さて、これから宿に帰って待望のディナーです!


釣が埼海岸サーフィンビーチ


by oisii_0-0 | 2019-06-02 09:14 | 旅行 | Comments(0)

プチ旅行千葉一宮の旅:燕 ザ ガーデン sanpo


千葉一宮の旅では燕 ザ ガーデン にお泊りしました。
ここは薬膳中華のレストランで、オーベルジュを目指して
これから宿泊施設にもなるそうです。
今はまだお試し宿泊の段階です。

入り口では花の馬の飾りがお迎えしてくれました。


e0173855_14423275.jpg

馬の脇を通り抜けてお庭に入ります。

e0173855_14241126.jpg

な~んという広さよ!
ハンモックも置いてありました。

宿泊施設はこちら。


e0173855_14101909.jpg

こちら側はレストランになっています。


e0173855_14102005.jpg


テラス利用もできるそうです。

お部屋は3室。
それぞれの部屋の入り口にちょっとしたテラスがあって
籐のソファーが置かれています。


e0173855_14102063.jpg

門番もいます~。


e0173855_14134940.jpg

レストランのお料理が薬膳中華なので
お部屋もチャイニーズスタイル。


e0173855_14134925.jpg

ベッドの枕もとの絵もチャイニーズスタイルの
かわいいイラストでしたよ。


e0173855_14135004.jpg

サイドテーブルにあるティッシュケースもかわいい。


e0173855_14135185.jpg

奥に水周り。
裏庭に面しています。



e0173855_14225385.jpg

お風呂はかなり広いタイプ。


e0173855_14225444.jpg


敷地は600坪もあるそうで、
お庭にある大木は楠だそうです。


e0173855_14225564.jpg

お庭でお茶をいただくこともできるそうです。


e0173855_14241226.jpg

背の高いかっこいい椅子があり、
この左側からレストランに入れます。

e0173855_14225493.jpg

ドアを入ると飾り棚があり
下の段はアンティークでしょうか、ステキな棚が。
上はカップやお皿が飾られていました。


e0173855_14225551.jpg

夜になるとお庭の雰囲気がぐっとシックに。


e0173855_14241366.jpg

レストランでの薬膳中華のディナーについては
また次で。


燕 ザ ガーデン
千葉県一宮町一宮350-78

by oisii_0-0 | 2019-06-01 15:15 | 旅行 | Comments(0)

プチ旅行千葉一宮の旅:市原湖畔美術館

お誘いがあって、千葉県一宮に旅行に行ってきました。
東京から千葉って旅行に行くというほどの距離でもなく、
今まで行ったことがなかったのですが。

今回は車でドライブ旅行。
途中、市原湖畔美術館というところに寄りました。
今まで名前も知らなかった美術館です。


e0173855_11552347.jpg

建物はちょっと目を引く現代的な作り。
駐車場から外壁をぐるっと回っていくと・・・
目に入ってきたのはこんな景色です!


e0173855_11585491.jpg

美術館の入り口はこちら。

e0173855_11585525.jpg

美術館の建物は、1995年に建てられた展示施設を
2013年に建築改修、リニューアルしたそうです。

改築改修はカワグチ・テイ建築計画で建築賞やデザイン賞ももらっているそうな。

現代アートを中心にユニークな展覧会のほか、
ワークショップやイベント、芝生広場を生かしたプログラムを行っているそうです。

芝生広場はこの入り口の正面にあり、
ここにも作品が。

篠原勝之さんの「飛来」だそうです。

e0173855_11585688.jpg

奥に見えるのは藤原式揚水機で展望台になっています。
この日は暑かったので上るのはパスしましたが。

入り口を入ると目に入るのが不思議な形をした作品。
KOSUGE1-16作品Heigh-Ho、肺胞をさかさまにしたような木、ですね。


e0173855_11523573.jpg

1階にある多目的ホールには
なにやら丸まるとしたステキな椅子が。
ウチのリビングにほし~い!

e0173855_12350061.jpg


常設展は撮影禁止でしたが、
企画展は撮影OK!

今やっているのは更級日記をテーマにした
手仕事を大いに生かした作品の展覧会でした。

e0173855_11585462.jpg

中でもびっくりしたのがこちらの展示。

e0173855_11523655.jpg

かけてある洋服、グリーンのプリント生地ですが
近寄って見ると・・・
なんと肩から木が生えてます!


e0173855_11523561.jpg

ゴブラン織りのバッグと下のドイリーが一体化して立体化。

e0173855_11525141.jpg

刺繍のペンダントも置いてあるハンカチと一緒に成長。

e0173855_11525189.jpg
アップで見ると・・・

e0173855_11525120.jpg

感激の作品群でした。
手仕事大好きの私にはすごく面白かった。

ほかにもこんな不思議な部屋もありました。
クワクボリョウタ作品 Lost Windows です。

e0173855_11552154.jpg

これは作品なんでしょうか、
それともただの照明なんでしょうか、
悩んじゃうぐらいステキなシャンデリア。


e0173855_12145239.jpg

展示室から出て、入り口のさかさま肺胞にもどり、
その右手の階段を上っていきます。
ここには不思議な銀のチューブがたくさん。
アコンチ・スタジオ作品 MUSEUM-STAIRS/ROOF OF NEEDLES&PINS です。


e0173855_12145030.jpg

屋上には銀のチューブの林。
時々くるっと丸くなっています。

e0173855_12145051.jpg

そしてだんだん小さくならないと通れないチューブのトンネル。

e0173855_12145155.jpg

外に出て、湖に目をやれば、ここにも作品。

巨大なヤマセミがいました!

e0173855_11552467.jpg

くもの巣が張っているところもありました。
重村三雄作品、生命の星(やませみ)と湖の祭り。


e0173855_11552222.jpg

この作品はかなり遠くて、しかも見にくいところにあります。
もっと見える位置はないんですかとお尋ねしましたが
ここからがベストとのこと。

偶然見つけた美術館でしたが
すごく楽しめました。
いい美術館でした。

暑い中でしたが行ってよかったです~!


市原湖畔美術館




by oisii_0-0 | 2019-06-01 12:58 | 旅行 | Comments(0)

クロアチア旅行:マス料理のランチとラストケ村

クロアチア旅行での絶対行きたかったところ
プリトヴィッツェ湖群国立公園を後にして、
ランチを取りに行きました。

公園からすぐ近くのレストランかな、と思ったら
車で15分ぐらいのところ、
周りにはな~んにもない道路沿いのお店でした。


e0173855_20452274.jpg

ここもやっぱりテラスなんですね~。

どこでも好きな席に座るように言われて
外に面した関に陣取りました。


e0173855_20450645.jpg

お店に中はこんな感じです。


e0173855_20450613.jpg

あらかじめオーダーしてあったランチ。
マス料理のランチセットです。

まず出てきたのはパン!
ほんとにパンはどこで食べてもおいしい。

e0173855_20450694.jpg

そしてサラダ。
キャベツにレタス、トマト、きゅうり、の
ごくごく普通のサラダです。

e0173855_20450660.jpg

お次はお皿・・・(笑)


e0173855_20450677.jpg

ではなく、スープです。


スープポットごと出てきて、
好きなだけどうぞって。


e0173855_20450763.jpg

野菜のコンソメスープでしょうか。
ちょっと気温が低めだったので
あったかいスープがありがたかったです。

そして出てきたマス料理。

e0173855_20452029.jpg

どうしてこういう向きなんでしょうね。
私たちだったら、腹を手前におきますよね。


e0173855_20452184.jpg

がさつで向きを気にしなかったのか、というと
そうでもなくて、二人ともにちゃんとこういう向きにおいてくれました。

魚の皮にのっているつぶつぶはにんにく。
すいません、にんにくが苦手なんで
ぜ~んぶなでるように取り除けていただきました。

結構大きなマスで、かなりの食べ応え。
ジャガイモ?ムリムリはいりません、でした。

このあとまだデザートが。
クリームシュニッテン。


e0173855_20452110.jpg

かなり素朴なクリームシュニッテンで、
こちらもまたボリュームのあること。。。

そしてコーヒーなどはなし(さびしい)


そのあと、ドライバーとひと悶着あったあと、
何とかラストケ村に連れて行ってもらうことに。
つたない英語で交渉するのって大変なんだから~(汗)

ラストケ村は国立公園から車で15分ぐらいのところにある
昔ながらの家が立ち並ぶところです。

山の中の川の横にある村なので
やはりここでも滝が。

e0173855_20452245.jpg

滝の向こうの広場のようなところは村です。

水の量が豊かですね~。

e0173855_20452253.jpg

まるでおとぎの国のような家が見えます。
左に見える端を渡って村に入ります。

e0173855_20453520.jpg

橋からみた眺め。


e0173855_20453655.jpg

村には入村料がかかることは事前に承知していて
それを支払うことはぜんぜん問題なかったんだけど
ドライバーさんはそんな話は聞いていないということで
村の入り口まで「好意で」連れて行ってくれただけのようでした。

かろうじてこのあたりは無料エリア。

手入れされた花がある、趣きある家です。


e0173855_20453604.jpg

ほんとは入村してコーヒーでも・・・と思っていたんですけどね~。
まぁ連れて行ってくれただけでも良しとしましょう。



この翌日、早朝にザグレブを出て、パリ経由で帰国しました。
途中、ザグレブからパリに飛んでいる間、
飛行機の窓から見えた景色です。

e0173855_20453691.jpg

雲の上に頭を出す山々。
どれがどの山って名前が浮かびませんが
とってもいい景色でした。

楽しかったクロアチア旅行、これにて終了です。

あ~~~、楽しかった♪
ながながとお付き合いいただきましてありがとうございました。








by oisii_0-0 | 2018-07-12 09:19 | 旅行 | Comments(0)

クロアチア旅行:プリトビッツェ湖群国立公園

今回のクロアチア旅行の目的は
最初に行ったドゥブロブニクの城壁歩きと
このプリトビッツェ湖でした。

プリトビッツェ湖群は
ザグレブから南に車で2時間あまり行ったところにあります。
ザグレブを朝8時に出発して、
お願いしていたドライバーさんは結構な飛ばし屋さんで
2時間を切るタイムで到着。

ガイドさんは予定通りなので
入り口でしばらく待つことに。

ちょうど観光バスが着いたけど、
その団体さんが行ってしまったのでラッキ~。

こちらが全体の案内板です。

e0173855_11100259.jpg

入るとすぐに見事な景色!

e0173855_11100394.jpg

高低差78mだとか。


e0173855_11100340.jpg

ただひたすら写真が続きます。
(すいません、語彙が少ないもんで)
湖の水がなんともきれい。

e0173855_11100378.jpg


滝の勢い、すごいです!
前日は雨だったそうです。

e0173855_11103274.jpg

あちこちいっぱい滝があって、
きょろきょろしながら、足元みながら、
忙しいです~。

e0173855_11103241.jpg

幸いにも天気がよくて、
水の色がきれいに出ています。

e0173855_11103230.jpg

魚もいましたよ。

e0173855_11103247.jpg

歩くのは木道で、柵はありません。

e0173855_11103322.jpg

ず~っと歩いていったところが
滝の見所。

e0173855_11110225.jpg

さすがに人が多いです。
でも、これでもすいてるらしいです、これでも。

あ~、なんてステキなんでしょう。

e0173855_11110222.jpg

と、見ているとマガモがいました。


e0173855_11110245.jpg

小一時間、歩いていった先でいったん休憩。
休憩したところから船に乗ります。

e0173855_11113309.jpg

座席はベンチ、天井に救命胴衣がセットしてあります。


e0173855_11113314.jpg

船は10艘以上あって、10分おきに出ているそうです。

これはすれ違った船です。

e0173855_11113468.jpg

船で着いた先からは、バスに乗ります。
バスはこんなバス。

e0173855_11113226.jpg

しばらく山道を歩くと、スタート地点に近づいていきます。
その途中に何回もビューポイントが。

見えているのは歩いてきた木道。
歩いているときはこんな風景だとは思いもしなかったですよ~。

e0173855_11120204.jpg

この景色もいいですよね。

e0173855_11120232.jpg


人がいるところ、私たちも立ち止まってきました。

途中写真を撮りながら、
あちこちぐるぐる首を回して景色を見ながら、
ゆっくり歩いてこのコースで大体2時間ちょっと。

もっとゆっくり見たかったけど次の予定もあって
そうそうわがままは言えず、でした。
天気も最初は晴れていたのが少しずつ雲が増えて、
程よい時間だったのかな。

とってもステキなプリトビッツェ湖群でした。

このあとはランチに。

いや~、堪能した半日でした~。





by oisii_0-0 | 2018-07-08 20:25 | 旅行 | Comments(0)

クロアチア旅行:ザグレブ市内を歩いて観光

クロアチアはザグレブ、街中は午前中歩いたので
午後はイェラチッチ広場から駅のほうに向かって歩いていきました。

通りに面して広い公園になっています。
ちょうど白いアジサイが満開!

e0173855_09500439.jpg

公園のある通りから西に折れて、
美術工芸博物館に向かいます。

その途中にある、クロアチア国立劇場。

見事な建物ですね~。


e0173855_09525188.jpg

これを通り過ぎて目指すはこちら。
美術工芸博物館。(美術館じゃないんですね)

e0173855_09500382.jpg

展覧会は、50年代から60年代の文化、見たいなものをやっていました。
服飾やら家具やらが展示されていて、
よくきれいに保存してありましたね~という感じでした。
かなりの展示数があり、よく歩きました。

常設は、宗教がらみのものが多く、
かなり古いもの、立派なもの、多数。
常設を見るころには疲れていて、
かなり流して見てしまい、ちょっともったいなかったなぁという感じ。

また公園のある通りに戻ってあるいていると
今度は近現代美術館がありましたが
もう疲れているから美術館はいいや、とパス。

お、結婚式でもやっているのでしょうか。
多分通りの向こうは由緒あるパレスホテルですね。

e0173855_09500458.jpg

歩いていった先は芸術パビリオン。
中には入れませんでした。

e0173855_10000752.jpg

天気がよくて、気持ちよくて、
階段に座って見える景色はこちら。

e0173855_10000713.jpg

どの建物も古いままの姿を残し、
古いなりにステキできれいでした。
なぜか黄色い建物が多いんですよね~。

歩き疲れたけど、小さな街中、
地図もあっという間に頭に入り、どこでも行けそうな気持ちになりました。

一日中歩いて気持ちよく疲れました。




by oisii_0-0 | 2018-07-07 10:10 | 旅行 | Comments(0)

クロアチア旅行:街中をあるいてあちこち


クロアチアはザグレブ、こじんまりした街なので
街中はほとんど歩いて回れます。

イェラチッチ広場からトラムの走るイリツァ通りを
大聖堂とは反対の方向に歩いていきました。


e0173855_09492866.jpg

この通りから少し入ったところ、
あっという間についたのはこちらの駅です。


e0173855_09492930.jpg

始発駅から終着駅が見えるという
世界で一番短い交通機関。

電車は1両編成、2両あって、
上下入れ違うだけ、です。

e0173855_09492925.jpg

こちらが上駅にいくと、もう1両は下駅へ。


e0173855_09492962.jpg

上駅にいくと眺めがいいです~。

e0173855_09492817.jpg

市街が一望できます。
お約束のテラコッタの瓦、オレンジの屋根ですね~。

e0173855_09494265.jpg

上駅から歩いて、目指すは聖マルコ教会。
途中にあったステキな建物。
教会でしょうか。

e0173855_09494258.jpg


こちらが聖マルコ教会です。

e0173855_09494299.jpg

晴れてるとよかったんですけどね~
ちょっと雲が出てきちゃいました。
歩いて回るには曇りのほうが楽ですけど
写真としては青空がよかったな~。

ここは中に入ることはできません。
見た目の面白さだけ、ですね。

左右にも建物があって、教会としては機能しているようです。

e0173855_09494289.jpg

次は石の門に向かいます。

門というか、建物の中をくぐり抜ける感じでした。

入り口の右手には「宝石商の娘」という彫刻。
お土産やさんの看板とセットで。
(セットで写しているのは私だけで、セットで飾られているわけではないですよ)

e0173855_09495071.jpg



こちらが石の門のメイン、
世界中からの巡礼者が絶えない聖地だそうです。


e0173855_09495031.jpg

写真を撮る私の前で、
何人もの人が手を合わせてらっしゃいました。

このろうそくの火は絶えることはないそうです。


e0173855_09495147.jpg

この門を抜けていくと、イェラチッチ広場に続く坂道になっています。
この通りは、雑貨屋さんや洋服やさん、ネクタイやさんなど
いろんなお店があって、
私たちは吸い込まれていったのでありました~。

ローカルスーパーもあって、
こちらはスーパーのビールの棚。

e0173855_09495143.jpg

クロアチアはワインの国ですけど
ビールはどうなんでしょうね。
ちなみに私は飲めません。。。

これでイェラチッチ広場を中心とした街中は一通り歩いた感じです。

ゆっくり歩いてあちこち寄り道しても半日で十分、でした。

午後は別のところに向かいます。








にほんブログ村
by oisii_0-0 | 2018-07-01 19:41 | 旅行 | Comments(0)

クロアチア旅行:ザグレブの聖母被昇天大聖堂

ザグレブの街はこじんまりしていて、
街中の観光地はコンパクトにぐるりと回れます。

中心になっているのはイェラチッチ広場。

e0173855_09092065.jpg

おりしもサッカーワールドカップの時期、
白い三角屋根の向こうにステージがあり、
サッカー関係のイベントが一日中、
大きなディスプレイでは試合の様子がず~~っと。

ホテルから聖母被昇天大聖堂に行く途中、
イェラチッチ広場の横にあった銀行と思しき建物。

e0173855_09091976.jpg


古い建物が当たり前のようにたくさんあるので
街の雰囲気がとってもステキ。

すぐに大聖堂にたどり着きます。
逆光のため、へたくそな写真ですいません。

e0173855_09092053.jpg

大聖堂の前はちょっとした広場になっています。

e0173855_09091920.jpg


通りの向かい側は確かレストランだった・・・はず。

e0173855_09092061.jpg

こちらの入り口も、やはり東洋系の方々の写真撮影の場に。
シスターが出ていらした、とってもいいチャンスに写すことができました!

e0173855_09092063.jpg

聖堂の中も撮影可能でした。

e0173855_09095472.jpg

私のつたないウデと、シンプルなカメラでは
なかなかこの荘厳な雰囲気、静かな空気は伝わらないかも。

一番奥まで入っていくことができます。

e0173855_09095476.jpg


ステンドグラスが見事です。
アップにしてみました。

e0173855_09095427.jpg

これってすべて色ガラスの組み合わせなんでしょうか。
ガラス絵と組み合わせているんでしょうか。

聖堂の奥に安置されているのは、こちら。

e0173855_09095544.jpg

どなたなんでしょうか。
勉強不足でわかりませんでした。

そして、そして、これだけの聖堂ですから当たり前なんですけど
大きなパイプオルガンがありました!

e0173855_09241518.jpg

ここで弾いたら大聖堂に響き渡り、気持ちいでしょうね~!
弾いてからだいぶ経ってから音が返ってきそうで、
弾きにくいかもしれないですけど。

横から外に出ると、タイプの違う建物が眼に入りました。

e0173855_09095495.jpg

オスマントルコの侵攻に備えて
16世紀に作られた城壁だそうです。


大聖堂には平日だというのに何人もの方が入ってらして
観光客である私たちを邪魔にするわけでもなく、
淡々とお祈りして帰っていきます。
ごくごく日常の一部に教会があるんだなと。
お邪魔してすいません、むやみに写真とってごめんなさい。

とってもいいところでした~。

このあとも歩いてあちこち行ってきました。




にほんブログ村
by oisii_0-0 | 2018-07-01 09:36 | 旅行 | Comments(0)

クロアチア旅行:ザグレブの青空市場

クロアチアはザグレブに移動して、朝からお出かけです。
まずは朝市に。

朝市はイェラチッチ広場からすぐ近くです。

朝市の入り口には買い物おばさんがいます。

e0173855_08355906.jpg

買い物おばさん、人気者なもんで
東洋系の観光客が一緒に写真を撮りたがって・・・
一瞬誰もいなくなったときを狙って無事撮影できました。

市場から聖母被昇天大聖堂がよく見えます。
ツインタワーの1つは工事中、そっくりな絵がかかれた幕で覆われていました。

e0173855_08360869.jpg

さすがに日差しが強いからか、
みんなパラソルを差して商品を影にしていますね。


こちら八百屋さん。

e0173855_08315067.jpg

無造作に山盛り。
こんな山のようなズッキーニ、全部売れるんでしょうかね~。


e0173855_08315089.jpg

にんじんやら葉っぱものやら。
くくってあるのはセット売りでしょうか。

こんな山のようなさくらんぼ、見たことない!!!

e0173855_08315008.jpg

杏も山のように。

e0173855_08315053.jpg

これは何でしょう。
小さくてきらきらしてて、とってもきれいでした。

e0173855_08315061.jpg

きのこもありましたよ。
大きなしいたけとヒラタケ?

e0173855_08442809.jpg

これ、何だと思います?
まるで豆腐のような・・・


e0173855_08321343.jpg

チーズだそうです。
ざるの網目もくっきり、自家製感があふれていました。

階段を降りた向こうはイェラチッチ広場です。
降りたところのパラソルは花屋さん。

e0173855_08360459.jpg

色とりどり、いろんな花がありましたよ。

e0173855_08321288.jpg

同じ業種がこんなに固まっていて、
お互いに用意しただけは売れるんでしょうか、と
余計な心配をしたくなります~(笑)

おみやげ物は少なく、生活に密着した市場なんだな、という感じがしました。
それにしては青果、乳製品が中心で、
肉や魚はどうなっているのかな~と主婦の疑問。

旅行者にはあれこれ買えるわけではないけど
楽しい青空市場でした。








by oisii_0-0 | 2018-07-01 08:55 | 旅行 | Comments(0)

クロアチア旅行:ドゥブロブニクの青空市場と食事


ドゥブロブニクの城壁に囲まれた中に旧市街があります。
そのなかに青空市場が。


e0173855_21495328.jpg

青空市場では、日常の野菜や果物、
お土産用のドライフルーツやラベンダーの香り袋など
いろんなものが売っていました。


e0173855_21495426.jpg

ここのお店の試験管状のものは塩でした。
その右の細長い包みはドライイチジクのかたまり。

e0173855_21495399.jpg

値段はどの店も同じ。
協定があるのかな。

私の好きなイチジクです。


e0173855_21495300.jpg
買ったのはこちらのお店で。
3個で3ユーロでした。

e0173855_21582277.jpg

ドゥブロブニクは物価が高いので、
「ドゥブロブニク」と書いてあるもの意外は
ザグレブで買ったほうがいいですよ、と教えられていたので
なんとなく慎重に。。。

なになに、なにこの巨大いちご!

e0173855_22035476.jpg

と思ったらグミでした。
巨大なフルーツやチョコ風、砂利みたいなのとか
いろんなものがありました。

e0173855_21502701.jpg
今、流行なのか旧市街にいくつもありました(笑)

e0173855_21502805.jpg

青空市場だけあって、夕方になったらみんな店じまいしていました。
そしてそのあとはカフェになっていました。

初日のランチは、散々迷った挙句
階段をあがったところの通路に出ているお店に入りました。

通路にはたくさんのお店が出ていて
通路なんだかお店なんだかわからない感じ。

あまり人がいないお店もどうかな、と思い
そこそこ人のいるお店に座りました。

メニューを見ると~~~
なんだかよくわからない(笑)

結局リゾットと春巻きをチョイス。
何でここに来て春巻き?と思ったけど
ほかのお店のメニューにもあったので
流行なのかなぁ。

e0173855_21512886.jpg

リゾットは小エビとバジル。

e0173855_21512716.jpg

お味は、ですね~。
決して上等とはいえません。
ファミレス程度かな。

パンだけはどこで食べてもおいしい!

e0173855_21502754.jpg

もっとガッツリしたものをチョイスしたほうがおいしかったのかも。
ステーキとか、ポークの蒸し物、とか。

でも日本人受けするお店なのか、
ツアーの一部に取り入れられているのか、
トイレを借りるのに店の中に入ったら
日本人の団体さんがいました。


ディナーはおいしいと行く前から聞いていたお店
グラツカ・カヴァナ・アルセナルに。


e0173855_21512770.jpg

メニュー見ても、食材の英語がわからなくて
何を選んでいいんだか。
で、ウェイター君に「なにがいい?」と聞いてみました。

結果、トマトのカップレーゼの前菜と
あげたイカと青菜のメイン。


e0173855_21514127.jpg

何でこんなにあるのよって言うぐらい量があって、
一生懸命食べましたよ~。

カップレーゼのチーズは、ちょっとさくっとした感じでおいしかったです。
トマトは真っ赤なのに堅め、甘み少ないです。


e0173855_21514167.jpg

イカの足はかりっと上がっていておいしかったけど、
青菜はぐずぐずになっていて脂が多くて、
う~ん、ムリです、たくさんはいただけません。。。

二人で前菜もメインもシェアしているのに
それでも残るぐらい量は多いです。

e0173855_21514178.jpg


旧市街にはパン屋さんもあちこちにあります。


e0173855_21512823.jpg


これはミートパイの渦巻きタイプって感じ。


2日目のランチは、パン屋さんでクロワッサンを買い、
青空市場でイチジクを買って、
階段に座って食べる、という
とってもチープでおいしいランチになりました。


e0173855_21512861.jpg

クロワッサンはとってもおいしかった。

e0173855_22143806.jpg

階段はこんな感じ。

e0173855_21512867.jpg


イチジクは3つ入っているのを買って二人でシェア。


e0173855_22143827.jpg

大きなイチジクで、粒粒も大きくて、味も大味。
う~ん、大好きなイチジクだけど
日本のイチジクのほうがおいしいな~。

e0173855_22143863.jpg

ランチはこのぐらいで十分なようです、私たち。

そのあとアイスも食べたしね。



ごちそうさまでした~♪




にほんブログ村



にほんブログ村
by oisii_0-0 | 2018-06-26 22:22 | 旅行 | Comments(0)

あちこちでいただいたり、普段の食事だったり、自分でつくったり・・・。おいしいものが大好きな食いしん坊です。


by oisii_0-0
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る