カテゴリ:その他( 133 )

菊池寛実記念智美術館:川瀬忍 作陶50年の間

目においしい話です。
私が好きな陶磁器の話です。

菊池寛実記念智美術館でのブロガーイベントに行ってきました。
川瀬忍 作陶50年の間 展で、
ギャラリートークを聞き、作品の写真を撮ることができるイベントです。

その前に友達の展覧会を見ていたので、赤坂から徒歩で。
15分ほどで到着した智美術館です。


e0173855_19061317.jpg

こじんまりしていてとってもステキな美術館です。

川瀬忍さんは1950年生まれ、
陶芸を生業とする家に生まれた三代目です。

展示室は地下にありますが、
その階段の手すりも作品、壁紙も作品。
それはさておき、その階段ホールにも
川瀬さんの作品がありました。

陶芸家の川瀬さんの作品?と聞きなおしたくなるような、不思議な作品です。


e0173855_19061380.jpg



ステンレスの作品です。
証明を反射して壁にゆらゆらと映る姿が
くらげのように見えます。
天井からも同じシリーズの作品が吊り下げられています。

階段の上から眺めると、また不思議な雰囲気の作品です。


e0173855_19061416.jpg

これはアマゾンにいる淡水エイを題材にした作品だそうです。


展示室入り口のケースの中には、
青磁に興味を持ったころに、先々代が教材としてくれた古いもの、
そして自分で作ったもの、が並んでいます。


e0173855_19061434.jpg

若いころの作品なので、今まで展覧会などで出したことはない作品だとか。
深いキレイな色ですね。

今回の展覧会では、
憧れを持って見てきたり参考にしたりした古陶器が
川瀬さんの作品と並べて展示されているところもあります。

展示室の様子はこちら。

e0173855_19061429.jpg

年代順にお茶碗が並んでいて、
少しずつ形が変化していく様子がよくわかります。

びっくりしたのは、青磁のお茶碗の前に
青磁ではないお茶碗が並んでいたこと。
こういうのも作ってらしたんですね~。


e0173855_19070099.jpg



一旦青磁から離れると、気持ちがすごく自由になったとのことです。


なかでも私がすごい!と思ったのは3本足の香炉です。

ものすごく古い時代の3本足のもので、
普通であれば器を作って足を3本つけるところを
筒状にしたものをはぎ合わせて3本足にしてあるこちら。


e0173855_19070049.jpg

内側を触って見ると、土同士をはぎ合わせてあるのがわかるそうです。
これに倣って作った香炉がこちら。


e0173855_19070090.jpg

ふんわりと柔らかな曲線で3本足が作られています。

ここから発展してできたのが何とびっくりなこちらの作品。

e0173855_19070076.jpg

やわらかい曲線がなんとも色っぽく・・・みえませんか~?

さすがにここまで足が長いと
自立してるの?とちょっと不安になってしまいますよね。
でも色も形も、すごくきれい。


薬師寺とご縁があって、
東塔の建替えに当たり、基礎のところに使われていた土をいただいたそうです。
東塔の基礎は、大きな礎石の間5センチほどのところに土をつめてあって、
それは石が揺らがないように上からとんとんとたたいてつめていったそうです。

そのような土なので、いろいろな土が混ざっていて、
それをこねてしまうとせっかくのよさがなくなってしまう、
ではどうしようか、と考えた結果、
「こねる」のではなく作ったときと同じように「たたく」ことで
陶土にしたそうです。

そうして作ったのか、作品の下に敷かれている台です。


e0173855_19070830.jpg

その土をたたらとして作った作品もありました。


e0173855_19503619.jpg

中に入っている砂や小さな小石もそのままで、
ところどころ照明に反射してきらきらしています。
1000年からの時代を感じ、ロマンチックな気分になります。


そして最後の展示室にあって、一際異彩を放って輝いていた作品がこちら。

e0173855_19070078.jpg

青磁の茶碗と、托。
花びらのような縁取りが茶碗に映って
ハート型に見えています。



e0173855_19070869.jpg

茶碗は青磁色、托は赤なんです。

青磁にいろんな色があることは知っていました。
緑がかっていたり黄色がかっていたり。
でもこれほどの色とは・・・

青磁ってここまで青磁なんだ、とびっくりするとともに感激でした!
同じ釉薬であっても、酸化焼成から還元に変えるタイミングなど
もろもろの条件で色が変わるそうです。

なぜ、どうしてどうやってこの色?
というのは作家さんご本人にしかわからないことなんでしょうね。

川瀬さんの作品というと、薄くてきれいな青磁色で、
ちょこっとつまんだような花びらの印象が強かったのですが
50年の間にはいろんな作品があり、常に変化し、進化しているんだなと
大変面白く観てきました。



菊池寛実記念美術館

川瀬忍 50年の間 展








[PR]
by oisii_0-0 | 2018-11-25 20:15 | その他 | Comments(0)

スパイシーな香りが魅力的なカレー味のおせんべい【カレーせん】

もち吉のカレーせんのモニターに当選して、
一袋いただいちゃいました。

e0173855_20515659.jpg


さくさくと軽いおせんべです。
スパイシーなカレー味ではありますが、
すごく辛いわけではなく、おいしいです。

甘いものだけでなく時々食べたくなるおせんべ。
しょうゆ味の草加せんべいタイプよりも軽いので
気軽にいただけます。

e0173855_20515554.jpg


1つの大きさは程よい大きさ。
あっという間に食べてしまわないよう、
少しずついただかなくては(笑)

と、気をつけないとすぐなくなりそうです。
おいしいんですよ~。

ごちそうさまでした~。




もち吉ファンサイト参加中




株式会社 もち吉
[PR]
by oisii_0-0 | 2018-10-27 21:00 | その他 | Comments(0)

USHIHACHI上野店で上品な焼肉 oishii


上野駅浅草口から徒歩1分の場所にある
焼肉のお店に行ってきました。
USHIHACHI 上野店です。

特上のA4ランクのお肉をリーズナブルにいただけるお店です。



e0173855_18321638.jpg



ビルは新しいビルのようで、
道路に面した入り口は少し広がりのあるエリアになっています。
エレベーターで10階に上がっていくと
目の前に冷蔵ケースがあってお肉が入っています。

お席に行くには冷蔵ケースの右手から。
大きな真っ赤な牛の頭部がかかっています!
迫力~。


e0173855_18314338.jpg


窓際の席に案内されました。
窓からは上野駅が見えます。
10階なので夜景がきれいに見えますよ~。



e0173855_18350370.jpg


飲み物は甘めのスピリッツをレモンと炭酸でお願いしました。
丸いグラスに入ってゆらゆらしています。
色もきれいでいいですね。



e0173855_18305592.jpg


まずはサラダ、シーザーズサラダです。
ロメインレタス半切りの上にドレッシング、クルトン、
ソーセージの角切り、粉チーズが乗っていました。
ざくざくとナイフで切っていただきました。



e0173855_18332610.jpg



最初のお肉は「とろ肉3秒炙り」一口ご飯と卵黄添え。



e0173855_18305704.jpg



お店の方がささっと焼いてくださいます。
絶妙な焼き具合。


e0173855_18323148.jpg



やわらか~いお肉に卵黄を絡めていただきます。
なんておいしい…



e0173855_18305968.jpg


甘みがあります。
もったいないけど(?)一口ご飯もいっしょにいただきました。
極上卵かけご飯極上牛肉添え、です。


次のメニューは「特上和牛究極盛り」
上左
①かいのみ(カルビ)
その右
②イチボ
下左
③リブロース芯
その右
④うちもも
以上4種がセットです。



e0173855_18321638.jpg

①かいのみ
とろけるような甘みがありました。


②イチボ
歯ごたえがあって、しっかりお肉を食べている感あり!


③リブロース芯
あら~、やわらかい!おいしい!

④うちもも
しっかり動く部位だけあって、しっかりしたお肉です。


どのお肉もやわらかくておいしい。
おいしい中にも、甘みがあってとろけるようなおいしさと
しっかり歯ごたえがあって、お肉感たっぷりのおいしさと。
究極盛りでいろいろ楽しめます。


そしておいしかったのがタン!
10%タンと熟成タンのハーフ&ハーフ。


e0173855_18410528.jpg



10%タンは1頭から10%ほどしか取れない、
タン元のとってもやわらかい部位だそうです。

タンというのはもともとしっかりした噛み応えのあるお肉ですが
これはすごくやわらかくておいしい。

熟成タンは噛み応えがあるしっかりしたおいしさでした。

もともとタン好きですが、
こちらでいただいたタンは歯ごたえのあるやわらかさで
とってもおいしかったです。


実は私は焼肉って苦手なんです。
というのもにんにくが食べられないので。
今回にんにく対応をしていただき、
たれなどはつけずに出してくださいました。

お肉が嫌いなわけではないので、
こちらのお店のような対応をしてくださると
おいしいお肉をストレスなくいただけて
すご~くうれしいです。

とってもおいしい焼肉、ごちそうさまでした~♪





にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

USHIHACHI 上野店焼肉 / 上野駅京成上野駅稲荷町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7


[PR]
by oisii_0-0 | 2018-10-13 18:53 | その他 | Comments(0)

マンゴープリンが作れるセットに応募しました!

マンゴープリンが作れるセットを75名様大募集というのに応募しました。
マンゴープリンが自分で作れるなんて~♪


インスタ投稿☆マンゴープリンが作れるセットを75名様大募集【共立食品】


共立食品、いろんなものがあるんですね。

共立食品秋冬商品

レシピもいろいろ提供してらっしゃるようです。

共立食品レシピページ

当選するといいなぁ。

[PR]
by oisii_0-0 | 2018-09-15 10:08 | その他 | Comments(0)

オリーブアーモンドペーストを使った簡単レシピ募集!に応募しました

オリーブオイルもアーモンドも好きなので応募しました。

いろんな料理につかえるかな~。

【30名様限定】オリーブアーモンドペーストを使った簡単レシピ募集!

こちらの会社の製品です。

東洋オリーブ株式会社

[PR]
by oisii_0-0 | 2018-09-15 09:59 | その他 | Comments(0)

モニター参加応募中!プロポリス入り蜂蜜

応募中です!

★第18回Instagram限定★北欧生はちみつを使ったレシピ大募集!!

ほかにもこんなのがあるそうです。
いろんな蜂蜜があるんですね。
白く、粘度の高そうな蜂蜜ですよね。


エストニア産 北欧生はちみつ

エストニア産 北欧生はちみつ ローヤルゼリー入り


そして今回応募しているのがこちら。


エストニア産 北欧生はちみつ プロポリス入り


あたるといいな~。




[PR]
by oisii_0-0 | 2018-07-28 09:42 | その他 | Comments(0)

TBCのオールインワンジェルを使い始めて3週間

お肌においしいお話、3週間後の話です。

モニターに応募したら見事当選していただいた、
TBCのオールインワンジェルです。

e0173855_12100969.jpeg

日ごろあまりお手入れしていない私が
こちらのクリームを使って、
お肌がプルプルになってきたことは
先週報告しました。

さて、3週間経って、の報告です。

3週間でこのぐらい使いました。

e0173855_08335607.jpg

ふたに内ぶたがくっついてしまったので
指を直接入れて使っていましす。

朝はさっぱりと化粧水+乳液のみなので
このクリームを使ったのは夜のみ、です。
でも夜にお風呂上りと寝る前の2回使いました。

で、3週間でこのぐらいの減り方。
かなり使いでがありますね~。

オールインワンジェルクリームなので、
以下の使い方ができるとパッケージに書いてあります。

①化粧水
②美容液
③乳液
④クリーム
⑤パック
⑥マッサージクリーム
⑦アイクリーム
⑧ネッククリーム
⑨デコルテクリーム
⑩化粧下地

私が使ったのは、美容液、乳液、クリームとしてだけで
パックにもマッサージクリームにもしていませんでしたね~。
もったいない。。。

これだけの量があるので、
ふんだんに使ってマッサージする、というのも
すご~くいいのかも。

マッサージをする習慣がないので
もう少しマメにならなくては・・・

というわけで、とってもいいクリームでした。
私にはプルプル効果もありましたし、
量もたっぷりでしたし、
満足できるクリームでした。

ありがとうございました~!



商品について詳しく知りたい方はこちらをクリック!

TBCグループ株式会社


エステティックTBCファンサイト参加中



[PR]
by oisii_0-0 | 2018-07-12 08:51 | その他 | Comments(0)

TBCのオールインワンジェルを2週間使ってみて

お肌においしいお話、その後についてです。

モニターに応募したら見事当選していただいた、
TBCのオールインワンジェルです。

e0173855_12100969.jpeg

使い始めて2週間が経ちました。
日ごろからマメにお手入れするタイプではない私、
毎日お風呂上りにマッサージをかねてぬりぬりぬり。

e0173855_12112940.jpeg

そしてもう一度、寝る前にぬりぬりぬり
・・・ふだんはそんなことしたことなかったんですけど。

やっぱりいい化粧品は効果がありますね~。
そして、いい化粧品だから、
と丁寧にぬってます。
そしてふんだんにぬってます。

朝のお肌が違う~。
ぷるぷるもちもちしています。
私のお肌、細胞からふっくらしてきた気がします。
寝る前はついでに手にもぬってます。

なかなか自分では買わないものをいただいたので
おもいっきりふんだんに使っているせいもあるかもしれません。

ふんだんに使っても、量は十分。
うれしいことです♪

また、その後をおしらせしま~す。



商品について詳しく知りたい方はこちらをクリック!

TBCグループ株式会社


エステティックTBCファンサイト参加中



[PR]
by oisii_0-0 | 2018-07-04 20:05 | その他 | Comments(0)

TBCのオールインワンジェルをいただきました!

おいしいはおいしいでも今回はお肌においしい話です。

モニターに応募してみたら見事当選!
こちらの商品をいただきました。
TBCのオールインワンジェルです。

日ごろから手間隙かけてお肌のお手入れをしているとは言いがたい私。
いや、そろそろ手間隙かけすぎるほどかけたほうがいい年齢・・・(汗)
というわけでちょっと心を入れ替えて・・・

きれいな濃紺の箱です。


e0173855_11535967.jpeg

箱を開けると中も濃紺。
文字はゴールドでちょっとゴージャス感ありますね~。


e0173855_12100969.jpeg

ふたを開けると中ぶた、へらもついています。
指を直接つけるよりも衛生的でいいですよね。


e0173855_12110720.jpeg

そして中味。
ちょっとクリーム色がかった中にオレンジのぷつぷつが入っています。
においはフルーツっぽい甘いにおいです。


e0173855_12112940.jpeg

さて、今夜から使ってみることにいたします~。
使用感はまた後日お知らせしますね!
ちょっと楽しみ~♪

商品について詳しく知りたい方はこちらを。

TBCグループ株式会社



エステティックTBCファンサイト参加中
[PR]
by oisii_0-0 | 2018-06-20 11:53 | その他 | Comments(0)

菊池寛実智美術館:線の造形、線の空間

菊池寛実智美術館で開催中の
「線の造形、線の空間」 飯塚琅玕碎齋と田辺竹雲斎でめぐる竹工芸
を見てきました。

写真は、美術館の許可を得て撮っています。

今回まず目に付くのは、
この美術館の特徴のひとつでもある、
ガラスの手すりのついた展示場に降りていく階段の
中央に置かれた巨大な作品!

e0173855_18441983.jpg


天井につく位置からぐるぐると

e0173855_18441982.jpg


一番下は床や壁から生えているかのよう。

e0173855_18443987.jpg


全体を一度に見ることはできない、巨大なインスタレーションです。

e0173855_18443972.jpg


巨大ではありますが、竹ですので重さは感じません。
近くによって見るとこんな感じです。

e0173855_18445343.jpg


ふがはいる種類の竹で作ってあります。
ランダムに交差しているように見えますが、
これはこれの理論があるそうです。

この作品は、今回どなたでも写真をとることができるそうです。

今回の展覧会は、竹工芸の中でも有名な飯塚家、田辺家にスポットを当てています。

e0173855_18445748.jpg

入って最初の部屋は田辺家の部屋。
唐物といわれる、中国の影響を受けたものから
竹の素材なりを大事にして作った作品など。

e0173855_18450682.jpg

竹の編み方には何百とあるといわれています。
それを習得するだけでも10年20年かかるという竹工芸、
意外にも日本よりも欧米での知名度が高いそうです。

螺旋階段の巨大作品を作った田辺竹雲斎の4代目も、
最初の大きな作品作りは
アメリカ、フィラデルフィアでの美術館クラフトショーだったとか。

日本では、竹工芸はなかなか工芸として世間一般から認められず、
日常の雑器扱いが長かったようです。

とはいえ、世の中のほうが少しずつ変わってきて、
用途のない工芸作品というものが認められるようになり、
このような作品も作られるようになってきました。

e0173855_18451601.jpg

竹で作ってあるけれど、かごではなく、花活けではなく、
う~ん、強いて言えばオブジェかな、という作品。

竹を丸い輪にするのってすごく難しいそうです。


こちらの部屋は、飯塚家の部屋。

e0173855_18452314.jpg

やはり唐物の影響がある時代もあり、
竹の自然な美しさを生かした作品もあり。

e0173855_18453581.jpg


私が感激したのはこの作品。
なんと1本の竹でできているんだそうです!

e0173855_18452859.jpg

持ち手の一番向こう側で竹をひご上に割り、
それを編んでかごにし、
最終的の戻ってきたところで持ち手に合体。

かごの部分は、割った竹を編んでいるので
竹が裏、表、裏、表と並んでいます。

持ち手への合体の仕方も複雑で優雅。

すばらしい作品ですよね!

竹工芸で、今まで不思議に思っていたことがひとつ解決されました。

ぐ~っとよってみると、網目の間に埃が・・・
払ったり洗ったりしないのかな、と思っていました。


e0173855_18455193.jpg

実はこのうっすら誇りっぽいものは、わざとやっているんだそうです。
この作品はたまたま竹の色が明るいけれど、
暗い色の竹ではもっと目立ちます。

実は、漆の砥の粉を混ぜて、わざとやっているんだそうです。
陰影をはっきり見せる効果があるそうです。

なるほど~、埃じゃないのね~。
長年の疑問が払拭されました。

たくさんの作品が並んでいますが、
今回は展示換えで全部入れ替えるんだそうです。

後期も見に行かなくちゃ!

そして竹工芸鑑賞のあとは、
隣のヴォア・ラクテでお茶を。

お庭がきれいですよ~。
夕方なんでちょっと暗いですけど。


e0173855_19192237.jpg

ものすごく細かくて、直線も曲線も美しい竹工芸、
ぜひ観にいらしてください!




[PR]
by oisii_0-0 | 2018-04-22 19:29 | その他 | Comments(0)

あちこちでいただいたり、普段の食事だったり、自分でつくったり・・・。おいしいものが大好きな食いしん坊です。


by oisii_0-0
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る